1. Episode
  2. GUIDE
  3. INQUIRY
  4. Powered by Newsweek

Powered by Newsweek

#Episode

ピーチスノウ

ピーチスノウ
ピーチスノウ
「総合美」のあくなき追求

株式会社マイキット

エステティックサロン運営をはじめ、スクール事業、美容商品開発、組織活性化マネジメントなどを手がける株式会社マイキット。人間の「内面」「外面」「心面」から総合美を目指すというアプローチの根底には、独自の色彩人間学「ピーチスノウ」の知見が貫かれている。

このメソッドは、自分の個性を知り、自分を表現することで幸せな生き方を実現してほしいという、代表取締役社長・村川薫氏の真摯な思いから生まれたものだ。
人々の日常を幸せにする、 新たな美容サービスを
村川氏は、かつて大手総合美容会社に勤務し、エステサロン運営や化粧品販売に従事。国内のみならず、上海・台北・マレーシア・パリなどでも活躍し、約400名の部下を率いてきたキャリアの持ち主である。30年以上の実績を経て退職した際には「もうやり残したことはない」という達成感があり、業界に戻るつもりはなかったという。
ピーチスノウ

広島県広島市に構える本社オフィスにて、「ピーチスノウ」のサービスについて語る村川氏。

村川氏を起業へと後押したのは、かつての部下だった。彼女たちは、あらかじめエステティック店舗用のテナントを探してきたうえで、村川氏に社長就任を直談判。強い熱意を感じた村川氏は、2009年、故郷の広島にマイキットを設立した。
起業時に誓ったのは、顧客はもちろん、働く人が幸せになる会社にすること。

「美容業界のスタッフは若い女性が中心ですが、離職率が高い。売り上げに追われ、強いストレスを感じている人が多いのです。起業するからには、家族のように温かい関係で、笑いの絶えない職場にしたいし、自立した女性を応援できる会社にしたい。創業メンバーとそんな理想を語り合ったのを、昨日のことのように思い出します」

その思いは、社名にも表れている。「MY KITT(マイキット)」は、創業メンバーの頭文字を並べたものであると同時に、スタッフや顧客の理想となる、「私の『きっと』」を叶える会社にしようという意味が込められている。店舗運営の意欲がある社員に対して、やりがいのあるポストを創出すべく、「3年で5店舗、5年で10店舗」という目標を掲げ、有言実行した。
「エステティックは、人を幸せにする仕事」だと語る村川氏。だからこそ、従来のエステサロンに足りない部分も感じていた。

「美しさを維持するためには、ストレスフリーで心豊かに生きることが大切です。ストレスというのは、仕事や私生活での人間関係に起因することがほとんど。サロンで一時的にリラックスして気持ちよくなっても、日常がストレスフルであれば、根本的な問題解決にはなりません。日々の充足感や幸せをサポートする美容サービスを実現するにはどうしたらいいか、とことん考え抜きました」

新たな展開のカギとなったのは、会社員時代に英国で学んだ「オーラソーマ」。オーラソーマとは、色と香りが普遍的にもつ効果を用いてセラピーを施す理論・施術体系のこと。当時は、可能性を感じたものの時期尚早と考え、自身の仕事に落とし込むことはなかったが、改めて独自に研究。色彩心理学に加え、中国の推命学などの東洋思想との融合を図りながら、理論化する作業に没頭した。そして創業5年目に、独自の色彩人間学「ピーチスノウ」が出来上がった。
前向きに生きるための、 共存・共生のメソッド
ピーチスノウでは、生年月日から導き出される個性や才能を、12色の色がもつメッセージと融合させることで、今の心をひも解き、人生を前向きにするためのカウンセリングを行う。
ピーチスノウ

マイキットの店舗内部の写真

「このプロセスは、人が生まれもった個性や才能に気づき、自分自身の『取扱説明書』を作るようなもの。他人の個性も認めて尊重すれば、比較や争いではなく受容が生まれます。周囲へ気を配り、愛を表現し、自分の意志を理解してもらうことで、自信がもてるようになり、内面・外面・心面の3方向からなる『総合美』が育まれるというのが理想です」
マイキットでは、職種にかかわらず全社員がピーチスノウを学ぶ。社員の個性を会社や社員自身が知り、一人ひとりの能力を存分に引き出すためだ。ピーチスノウ導入後は、社員数も右肩上がり。エステティックサービスだけでなく、化粧品やボディケアアイテムの研究開発、企業における女性のマネジメント、組織活性コンサルティングなど、同社の事業範囲も大きく広がり、中国地方を拠点としてきた店舗は、福岡や東京・銀座など12店舗にまで拡大していった。

「美容だけではなく、楽しい人生を提供するのが仕事」と語る村川氏の活動は、事業の枠に留まらない。例えば年に2回、社員とその家族、顧客を招き、300人以上が集まるイベントを開催している。

「文化祭と体育祭、夏祭りが一緒になったような、賑やかな1日だと好評です」
さらに村川氏は、最大の挑戦になるかもしれないという、次なる展開を考えている。これまではスタッフも顧客も女性が中心で、「女性の自立と幸せ」を大きな事業テーマにしてきたが、その価値を男性に向けても発信していくという。2021年度から男性社員の募集を本格的に開始し、男性向けサービスの展開を模索していく。

「最近では、外見やフレグランスなど、美容に気を配る男性が増えています。男性も、自分自身の個性を知り、人の個性を認めることで、もっと魅力を増せるはず。男性と女性が互いに尊重しあい、ともに輝けるような価値をプロデュースしていきたいです」

人それぞれの違いを認め、共存・共生するという村川氏の理念は、性別を超え、人としての「総合美」を目指して磨かれていくに違いない。
#Episodeピーチスノウ
INTERVIEW
村川薫さん
INTERVIEW
株式会社マイキット 代表取締役社長 村川薫さん
広島市出身。大手総合美容会社で国内をはじめ、海外(上海・台北・マレーシア・パリ) などで活躍。エステサロン運営、化粧品販売に30年以上従事。2009年(株)マイキット設立。組織の活性化、マネージメントなど企業におけるフィロソフィーを構築。(株)メディカルスノウ代表取締役、(一社)日本ピーチスノウ協会代表理事も務める。
https://www.mykitt.com/

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。


BACK
TO
TOP