1. Episode
  2. GUIDE
  3. INQUIRY
  4. Powered by Newsweek

Powered by Newsweek

#Episode

ツクツクショップCMS

ツクツクショップCMS
ツクツクショップCMS
ウェブに「人の温かみ」を

クムクム株式会社 

小売、メーカー、飲食、サービス業など、あらゆる事業者が簡単にECを展開できる「ツクツクショップ」は現在、6千社を超える事業者が利用する一大プラットフォームを形成している。同サービスを開発したのは、クムクム株式会社の代表取締役社長を務める阿比留章雄氏。インターネットは「利他」のツールである、という信念から生まれたサービスだ。
ECの可能性を信じ続け、 新しいサービスが生まれた。
阿比留氏の20代は苦悩の連続だった。「自分が人生をかけて本気で取り組める仕事を探し、もがいていた」と回顧するように、目標を見いだせず、転職を繰り返す日々。しかし、ひとつ強く心に残ることがあった。NTTの配管工として携わった光ファイバーの敷設工事だ。
ツクツクショップCMS

東京都港区に構える本社オフィスにて、「ツクツク!!」のサービスについて語る阿比留氏

「光の速さで通話をしたり、データを送ったりできる技術だと聞き、何かすごいことが起こっているのだと感じ、それ以来、頭から離れませんでした」

転機は1997年、友人からの一本の電話だった。EC媒体の販売網を構築するマーケティング事業への協力依頼。テレビをネットにつなぎ、リモコンで買い物をする新しいサービスと聞いて脳裏によみがえったのは、光ファイバーの鮮烈なイメージ。「地球規模のビジネスになるのでは」と胸が高鳴った。

以来、ビル・ゲイツのインタビュー記事を常に持ち歩き、インターネットの可能性を説いて回ったという。一時全国に拡大するも会社の都合で断念せざるを得なかった。「その事業は、ハードウェアとセットで会員募集する代理店業で、自分が考えるネットの未来とその事業内容とは少しギャップがあった。だが、ECは近い将来、さらに進化し、自分にしかできないビジネスが見つかるかもしれないという想いは常に残っていました」

そして誕生したのが、物販はもちろん、無形サービスでもEC展開できる事業者向けのWEBサービス「ツクツク!!」。モノ(物販)、コト(体験)、ゴチソウ( グルメ)、オメカシ(ビューティー)の4要素を統合したマーケットプレイスで、メルマガやクーポン、QRコード、予約機能や集客支援など、自由に追加できる多様なモジュールを搭載。あらゆる業種のネット展開を支援するサービスをリリースした。

「素晴らしいモノやサービスがあっても、人に届かなければビジネスとして成立しません。しかし飲食店やサービス業など専門的な仕事をしてきた方々のなかには、インターネットに関する知識がないために、その恩恵を得ることができない人もいる。そんな方々のWEB戦略を支援し、各々のビジネスに専念することができるようにする仕組みを作りたかった」

数店舗での船出から、次第に出店者を拡大させていった同サービス。サブスクリプション型SaaS による、完全オープン化に踏み切ったことも手伝い、加速度的に参加者が増え、現在出店者は6千社を超えるまでになっている。
人と人とのつながりが生む、 信頼のネットワーク
躍進の原動力となった同サービス最大の魅力は、ユーザーが通販を利用して得たポイントの40%を集客した出店者にキャッシュバックする機能や、販売手数料の一部を出店者やユーザーに分配する機能など、独自の「おすそわけ」スキーム。

このシステムによって、出店者が他社の商品を紹介、応援するなど、口コミでの広がりが生まれた。結果、サイト上でもつながりが生まれ、各出店者から「他出店者との連携や強力なSEO効果により、別媒体へ広告費をかける必要がなくなった」と高い評価を獲得している。

そして今、同サービスは「危機対応」に強いことを数字でも証明している。全世界がコロナ禍に見舞われた2020年4月にも売上を伸ばし、過去最高益を達成。アクセス数も2倍を記録しているというから驚きだ。

「店頭で商品が売れず、悩んでいた事業者の商品を全国の代理店が通販で売ったところ、わずか数日で完売したという報告をいただきました。また災害の際には、弊社のウェブチケットを用いて支援の輪を広げたり、スポーツ選手の支援活動に使ったりするなど、新しい動きも生まれています。仲間が苦しんでいる時には手を差し伸べ、仲間の喜びを自分の歓びとする環境が、弊社と事業者の間には存在するのです」

資金を集め、大きな広告を打ち、一気に集客する大手企業の戦略に比べれば、口コミでの拡販には時間がかかることは確かだ。しかし、信頼から成る強固なネットワークは、何物にも代えがたい同サービスならではの財産。そこには「顔が見えないインターネットサービスに人の温かさや、利他の心を取り入れ、経済をシェアする仕組みを創りたい」という、阿比留氏の強い想いが込められている。

「インターネットには3.57人を介すれば誰とでも繋がることができるという『6次の隔たり』という仮説があり、SNSの下地になったといわれています。しかし私はインターネット上の希薄な人間関係だけで全てが完結するわけではないと考えていました。リアルに人と人が顔を合わせ、つながることによってこそ、価値ある出会いや濃厚な縁が生まれる。ツクツクショップは、利己的な側面の強い資本主義経済社会にあって人と人とのつながりを重視し、そこに生まれる経済をシェアすることによって喜びさえも分かち合うことの出来る、真の意味での“シェアリングエコノミー”を実現させるサービスなのです」

そう力強く語る阿比留氏からは、自身の思い描く幸せなネット共存社会の実現に向けた信念が感じられた。
#EpisodeツクツクショップCMS
INTERVIEW
阿比留章雄さん
INTERVIEW
クムクム株式会社  代表取締役社長 阿比留章雄さん
1968 年生まれ。父親の経営する会社を継ぐため、専門学校の電気工学で強電部門を学んだ後に、富士電機株式会社の関連会社にて発電所などのデジタルリレー設備の試験課に携わり、その後道路工事の作業員やホストクラブのマネージャーなどありとあらゆる業種を経験する中、配管工時代に光ファイバーとインターネットの存在を知ることになる。1997年よりeコマースの代理店事業に参画。2007年にクムクム株式会社を設立。ヒューマンネットとインターネットの融合による人を軸としたインターネットサービスの最終系を目指し、進化を続けている。
https://kumu2.co.jp/

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。


BACK
TO
TOP