Wonderful Story

Wonderful Story

世の中には、素晴らしい商品やサービスが溢れている。
あなたは、考えたことがあるだろうか。
あのヒット商品や何気なく使っているサービスの裏側を。
理由を知れば、きっとあなたも好きになる。

そう、ワンダフルなストーリー。
  1. ▼Episode
  2. GUIDE
  3. Powered by Newsweek
  4. INQUIRY
  5. SEARCH

1914年、軽井沢で温泉旅館としてスタートした星野リゾート。90年代以降はホテル業界に一石を投じ続けてきた。そんな同社が海外で初めて一から立ち上げた高級リゾートが、2017年1月にオープンしたインドネシアの「星のやバリ」だ。

“ 星のやバリ ”星のや

More

老舗百貨店2社が合併して2011年に生まれた「三越伊勢丹」。厳しい環境下にある百貨店ビジネスだが、同社は近年オンラインサービスを次々と展開し、新しいビジネスモデルの開拓に力を入れている。なかでもユニークなのが、19年10月から開始されたシャツのカスタムオーダーサービス「Hi TAILOR(ハイ・テーラー)」だ。

“ Hi TAILOR ”株式会社三越伊勢丹

More

2018年9月に登場した、キヤノン初のフルサイズミラーレスカメラ「EOS(イオス) R」。新設計のRFマウントを軸としたシステムの導入は、30年以上の歴史を持つEOSブランドにもたらされた大きな変革と言える。その開発が意図するものとは何か。

“ EOS Rシステム ”キヤノン株式会社

More

肉をおいしく焼くことに特化した「おもいのフライパン」は、愛知県碧南市に拠点を置く鋳物業の老舗・石川鋳造が発売したオリジナルフライパンである。鋳物ならではの分厚い面で焼くことで、肉が飲食店で食べるような味になると評判を呼び、2017年の発売以来、料理好きから熱い支持を受けている。

“ おもいのフライパン ”石川鋳造株式会社

More

2020年、発売から49年を迎える日清食品の「カップヌードル」は、世界累計販売数450億食を突破。その数からもわかる通り、名実ともに日本を代表する即席麺のグローバルブランドとして今も人々に愛され続けている。日清食品株式会社の伝統と進化を体現するカップヌードルの歴史に刻まれた、ブランド確立に至るまでの軌跡を辿った。

“ カップヌードル ”日清食品株式会社

More

トラクターをはじめとする農業機械のイメージが強いクボタ。実際に、1.9兆円の売上高のうち8割以上はエンジンを含めた機械系製品が占める。しかしその一方で、日本の上下水道インフラを支える世界トップクラスの水関連総合メーカーという一面ももっているのだ。

“ 水環境ソリューション ”株式会社クボタ

More

2021年で創業120年を迎えるキャンプ用品のトップブランド「コールマン」。アウトドアライフを楽しくしてくれるユニークな製品を生み出し続けてきたコールマンのオリジンであり、今なお中心的な存在の製品がマントル式のガソリンランタンだ。

“ ワンマントルランタン ”コールマン ジャパン株式会社

More

世界初の先進運転支援技術『プロパイロット 2.0』の搭載で、高速道路でのハンズオフ運転を実現した新型スカイライン。常に時代の先を走るその姿は、開発当時から何一つ変わっていない。日産自動車を代表する名車として、デビューから代々受け継いできた“走りの遺伝子”の真価に迫った。

“ SKYLINE ”日産自動車株式会社

More

1975年、登山家の辰野勇氏が、真崎文明氏、増尾幸子氏の2人の山仲間と共に設立した「株式会社モンベル」。数々のユニークなアウトドア用品を生み出してきた、日本を代表するブランドの代表作のひとつが、レインウエアの「ストームクルーザー」だ。

“ ストームクルーザー ”株式会社モンベル

More

蚊取り線香でお馴染みの「金鳥の渦巻」は、誕生から130年を超えるロングセラーだ。映画もオリンピックもまだこの世になかった1890年に、その産声を上げている。大日本除虫菊株式会社の創業者である上山英一郎氏が研究に研究を重ね、世界で初めて完成させた同商品。今や1,000億円市場 と言われる殺虫剤産業の歴史は、ここから始まった。

“ 金鳥の渦巻 ”大日本除虫菊株式会社

More

BACK
TO
TOP